春に向けてダイエットその3

では、どれくらい体重が増えたらダイエットが必要なのでしょうか。

まずは自分の標準体重を計算してみましょう。

標準体重=身長(m)×身長(m)×22

例)身長160㎝の人は 1.6m×1.6m×22=56.32㎏ となります。

次に、身長160cm、体重が65㎏あった場合の肥満率を求めます。

肥満率=(体重-標準体重)÷標準体重×100 

(65㎏-56.32㎏)÷56.32㎏×100=15.41% ととなります。

30%以上が肥満になりますので30%以上の方は体に悪影響がでやすくなってきます。15.41%でもできるだけ標準体重に近づけるように努力しましょう。

ご自宅に体脂肪計がある場合は、男性は25%、女性30%以上が肥満になります。この数値を超えないようにしましょう。

ここでひとつ気をつけるポイントは、体重がオーバーしていても体脂肪率が低い場合は肥満ではありません。脂肪よりも筋肉は重いので、脂肪が少なくて筋肉が多い場合はそのままで大丈夫です。

1カ月で落としていい体重は、現体重の5%以下です。

まずは、3%減を目指していきましょう。

次回は運動についてお話しします。

関連記事

  1. 春に向けてのダイエット その4
  2. 春に向けてダイエットしてみませんか(その1)
  3. 健康ダイエット 夏に向けてのダイエット
  4. 健康ダイエット 春に向けてのダイエットその2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP