春に向けてのダイエット その4

春に向けてのダイエット その4

今回は運動についてです。

運動は有酸素運動と、レジスタンス(無酸素)運動があります。

脂肪を燃焼、糖質代謝改善は有酸素運動、筋肉量を増やし基礎代謝を上げるのはレジスタンス運動と言われています。

どちらが良いということはありません。有酸素運動は20分以上しないと脂肪は燃焼しないと言われていますが、無酸素運動の時でも有酸素状態にはなります。どちらもやるのが正解です。

無酸素運動は筋肉量を増やし、有酸素運動は質を良くする傾向にあります。

無理のない程度で、続けられる強度でやりましょう。

お腹ポッコリは腹直筋を鍛える腹筋ローラーがお勧めです。

運動強度は心拍数を利用した「カルボーネン法」というものがあります。

最大心拍数=220-年齢/分

安静時心拍数:起床時横になったまま、或いは座位で安静後30秒間の心拍数

目標心拍数=(最大心拍数-安静時心拍数)×目的別レベル(0.3~0.9)+安静時心拍数 (目的別レベルは数値が大きいほど強度大)

あまり激しい運動はちょっとと思われる方は、家事強度を高めるだけでも効果があります。拭き掃除やお風呂掃除など、気になるところをきれいにしてシェイプアップで一石二鳥です。

男性には筋トレがお勧めです。体つきが変わってくるとモチベーションも上がりますよ。

次回はお酒とダイエットについてです。

関連記事

  1. 健康ダイエット 春に向けてのダイエットその2
  2. 春に向けてダイエットその3
  3. 春に向けてダイエットしてみませんか(その1)
  4. 健康ダイエット 夏に向けてのダイエット

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP